TOP >7月の最新イベント情報

最新イベント情報

※イベントにお申し込みのお客様へ
公演の日程・内容は、急遽変更(延期・中止)される場合がございますので、予め主催者へご確認下さい。

プラザ・ウィンドコンサート2021 出演者大募集!(受付終了)
プラザ・ウィンドコンサート2021 出演者大募集!

ポスターを拡大する

プラザ・ウィンドコンサートは吹奏楽経験のある地域のアマチュア演奏家が集まり、プロの指揮者の指導のもと、合同練習を経て本番を迎える市民参加型コンサートです。
演奏が好きな方、吹奏楽で演奏してみたい方、ご応募をお待ちしております!

スケジュール:
【練習(全5回)】

7月22日(木曜・祝日)14:00-18:00 練習室
8月8日(日曜)14:00-18:00 練習室
8月15日(日曜)14:00-18:00 練習室
8月22日(日曜)14:00-18:00 練習室
8月28日(土曜)14:00-21:00 ふるさと劇場
【ゲネプロ】
8月29日(日曜)10:00-13:00 ふるさと劇場
【本番】
8月29日(日曜)14:00開演(13:30開場) ふるさと劇場

【予定曲目】
小山清茂/吹奏楽のための木挽歌、外山雄三/管弦楽のためのラプソディ
M・モレイラ/恋のカーニバル
チャック・マンジョーネ/サンチェスの子供達 ほか

音楽監督・指揮:箕輪 響・望月 昇

【応募資格】
川崎市内在住、在学、在勤または市内で音楽活動を行っている高校生以上の吹奏楽経験者で、練習日に3回以上参加できる方。

【応募方法】
チラシ裏面の参加申込用紙にご記入の上、窓口、ファックス、またはメール添付にてお申込みください。
なお、募集人数(35名)に達し次第受付を締め切ります。

【窓口】川崎市民プラザ 1階総合フロント
【ファックス】044-888-3138
【メール】kikaku@kawasaki-shiminplaza.jp

応募締め切り:2021年7月10日(土)

備考:楽器・譜面台はご持参ください。打楽器の方はご相談ください。

主催:田園都市音楽祭実行委員会
共催:川崎市民プラザ(指定管理者:川崎みらい創造グループ)
後援:川崎市、「音楽のまち・かわさき」推進協議会

募集期間 2021年5月12日(水)~7月10日(
会場・
アクセス
川崎市民プラザ ふるさと劇場
(東急田園都市線「梶が谷駅」より徒歩15分)
参加費 6,000円(公演チケット1,000円2枚含む)
※第1回練習日にお支払いください
募集人数 35名
お問い合わせ 田園都市音楽祭実行委員会 TEL:044-853-1451

長く生きる。ウィンザーチェアの場合 展 《Windsor Department》の10年

長く生きる。ウィンザーチェアの場合 展 《Windsor Department》の10年

私たちは人生のなかで、何脚の椅子と出会いそこに腰掛けるのでしょう。
どのような椅子と生活を共にするかは人それぞれ。そして誰もが心のなかに「記憶に残る椅子」を持っているのではないでしょうか。

ATELIER MUJI GINZAでは2019年、『長く生きる。』と題し<トーネット>に代表される曲木椅子の“DNA”の発展を50脚の椅子によって展示しました。そして今年、「長く生きる」椅子のもう一つの水脈である「ウィンザーチェア」に焦点を当て、その世界に魅了された3組のデザイナー、藤森泰司、DRILL DESIGN、INODA+SVEJEが2011年に結成した《Windsor Department》の活動を紹介します。

「ウィンザーチェア」の起源は、17世紀後半のイギリス、ウィンザーとその周辺地域で、庶民の家庭や農家で使う実用的な椅子として指物師たちが作り始めたものと言われています。「厚い木製の座面を基盤として、椅子の脚、スピンドルなどが直接座面に接合された椅子である」とは、ウィンザーチェアの研究家、アイヴァン・スパークスの定義です。言葉での定義はともあれ、その姿を目にすれば「これだ」という懐かしさを喚起する不思議な力を持つ椅子なのです。

《Windsor Department》がスタートしてから2021年で10年。
その活動は、ウィンザーチェアのかたち、空気感、えも言われぬ魅力、「ウィンザー的なるもの」が何かを探る研究会です。そして3組がそれぞれのアプローチで現代に生きるウィンザーチェアを形にしてきました。
一つの椅子の原型を進化させ未来へつなげる「リ・デザイン」に価値を置く活動であることも注目すべき点です。
本展では《Windsor Department》の思考のプロセスを垣間見る資料と模型、実現した計10脚の椅子、さらに過去の先人たちがリ・デザインした歴史的なウィンザーチェアまでを一堂に公開します。

ともするとデザインとは、まったく新たな形を生み出すことだと考えられがちな現代。
一つの椅子の「原型」を、デザイナーの思考(試行)を経由してツリーのように進化させていくという彼らの手法は、私たちを従来の「デザイン」の枠から解き放ち、より持続可能な次元へと連れ出してくれることでしょう。
本展は、かたちに時間や記憶を織り込む「リ・デザイン」の懐かしく新しい工房です。

ATELIER MUJI GINZA

《Windsor Department》
Windsor Department は、藤森泰司、DRILL DESIGN、INODA+SVEJEの3組のデザイナーによる活動で、その名のとおりウィンザーチェアのデザイン研究会です。
この椅子の形式、存在になぜこんなにも惹かれるのか? ということを意識的に探っていく試みを2011年にスタートしました。3組のデザイナーがそれぞれのアプローチで実際に新たなウィンザーチェアをデザインすることで、時代を超えた持続的なデザインの在り方を探っています。

展覧会初日 5月14日(金)13:00-16:00
《Windsor Department》よりデザイナーの藤森泰司、DRILL DESIGNが会場に在廊致します。

【関連イベント】
本展会期中は、各種関連イベントの開催を予定しています。
詳細は決まり次第、ATELIER MUJI GINZA公式サイトやSNSで随時お知らせ致します。
※諸般の事情により開催中止または内容が変更になる場合は、公式ウェブサイトやSNSにてお知らせ致します。

【基本情報】
日時 2021年5月14日(金)~ 2021年7月4日()11:00~18:00
会場・
アクセス
無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Gallery1・2
(東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座」駅 B4出口 徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅5番出口 徒歩3分、JR山手線「有楽町」駅 中央口 徒歩5分)
入場料 入場無料
お問い合せ ATELIER MUJI GINZA公式サイト
MAIL:info@ateliermuji.jp
※会期や時間など予定が変更となる場合がありますので、 ATELIER MUJI GINZA 公式サイトをご確認ください。

期間限定劇団 座・市民劇場7月公演「また逢う日まで」
期間限定劇団 座・市民劇場7月公演「また逢う日まで」

ポスターを拡大する

座・市民劇場 大阪37期 神戸13期合同卒業公演
「また逢う日まで」
 作:深山うぐいす 演出:秋朔海
 監修:仲風見

*あらすじ
ここは天国の待合室。今、鐘が鳴って、生まれて行く者、そして、死んだ者たちが過去を振り返るところ。生きていた時は、モグラだった、ミミズだった、と話している。

………それとは別に、医者と患者・赤ちゃんたちが自分の人生を話す。
だが、天国の鐘は鳴って、また生まれていくもの、死んできた者達が交差する……。

生きていく事の尊さ、強さを市民メンバーが舞台で表現


◆座・大阪神戸市民劇場とは
一般公募によって集められた(5歳~80歳迄)幅広い年齢層のメンバーが結成する、期間限定市民参加型劇団。同劇団は、8カ月~10ヶ月にわたり稽古を行い、公演終了後に解散となる。
天国の待合室を舞台にした深山うぐいすのオリジナル作品を、仲風見の監修の元、上演する。


一般公募で集まった市民のメンバーが期間限定で稽古を行ってきた集大成の舞台。参加者の7割が演劇未経験のスタート。
みんなが主役の世代間交流ステージ♪出演者は中学生から60代、70代の男女まで!幅広いメンバーが出演しています!
お時間合う方は是非ご来場またはご視聴下さいませ。

また、本番当日は生配信(オンライン配信)を行います!
全国どこからでもご視聴可能です♪

また、座・市民劇場では、新メンバーを募集しています。
演劇初めての方でも興味があればお気軽にお問い合わせ下さい。

日時 2021年7月4日() 15:00開演(上映時間:約60分)
会場・
アクセス
神戸ポートオアシス(多目的ホール2F)
(JR「三宮駅」より徒歩18分、ポートライナー「貿易センター前駅」または「ポートターミナル駅」より徒歩10分)
入場料 前売券:2000円
オンライン配信チケット:2000円
当日:2500円
お問い合わせ 座・市民劇場実行委員会 TEL:078-391-5543

プラザ・アフタヌーンジャズ VOL.2
プラザ・アフタヌーンジャズ VOL.2

ポスターを拡大する

映画音楽やミュージカルの中からも多くのスタンダード曲、名曲が生まれているジャズ。
コンサートを通じて、気軽にジャズの世界をお楽しみいただけます。
川崎市民プラザのジャズコンサート第2弾!
今回はヴァイオリンとピアノ、そしてハーモニカの異色トリオが登場です!

【出演】
太田 惠資トリオ/太田 惠資(ヴァイオリン)、続木 徹(ピアノ)、続木 力(ハーモニカ)

【演目】
少年時代(井上陽水)
酒とバラの日々(ヘンリー・マンシーニ)
忘却(アストル・ピアソラ)
ニュー・シネマ・パラダイス(エンニオ・モリコーネ) 他
※曲目は予告なく変更する場合があります。

【発売】
2021年5月22日() 午前10時より受付開始。

【予約】
2021年5月22日() 午前10時より、電話(9:00-20:00)、または申込フォームにて受付開始。
お申込み時に(1)代表者の氏名・電話番号 (2)同伴者全員の氏名 (3)申込人数をお伝えください。
電話・ホームページからのご予約は当日会場受付にてお支払いください。

※未就学児入場不可
※公演前20日を過ぎてからのキャンセルは、キャンセル料として50%発生します。

日時 2021年7月10日() 14:00開演/13:30開場
会場・
アクセス
川崎市民プラザ ふるさと劇場
(東急田園都市線「梶が谷駅」より徒歩15分)
入場料 全自由席2,500円
お問い合わせ 川崎市民プラザ TEL:044-888-3131
(平日10:00~18:00、土曜10:00~14:00)

東京2020 オリンピック・パラリンピック能楽祭 ~喜びを明日へ~
国立能楽堂 9月

ポスターを拡大する

「東京2020 オリンピック・パラリンピック能楽祭 ~喜びを明日へ~」の開催決定についてお知らせいたします。
このコロナ禍においても、明日を見据え豊かな心を未来へつなぐためには、文化芸術が必要であると考えています。
その想いを「喜びを明日へ」というメッセージに込め、今を生きる多くの方々に向けて、最高の能楽公演をお届けします。
(パラ期間中は鑑賞サポート付で実施)

チケット発売日:
6月10日(木)
チケット情報等は特設サイトでご案内しております。

【演目】
オリンピック期間:
7月27日(火) 能「翁 十二月往来 父尉延命冠者」シテ 金春憲和、三番三 茂山千五郎/狂言「二人袴」シテ 野村萬
7月28日(水) 狂言「武悪」シテ 山本東次郎/能「屋島 大事 奈須與市語」シテ 観世清和 アイ 野村万蔵
7月29日(木) 狂言「業平餅」シテ 大藏彌太郎/能「杜若 沢辺之舞」シテ 宝生和英
8月2日(月) 狂言「鎌腹」シテ 三宅右矩/能「三輪 神遊」シテ 友枝昭世
8月3日(火) 狂言「舟渡聟」シテ 野村万作/能「道成寺」シテ 金剛龍謹、アイ 野村萬斎
パラリンピック期間:
8月27日(金) 狂言「佐渡狐」シテ 茂山あきら/能「土蜘蛛 ササガニ」シテ 加藤眞悟
9月3日(金) 手話狂言「梟山伏」 日本ろう者劇団/能「羽衣 盤渉」シテ 柏山聡子


主催:公益社団法人能楽協会、一般社団法人日本能楽会、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
共催:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
特別協力:富士通株式会社、読売新聞社、KNT-CTホールディングス株式会社
協力:横浜能楽堂(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)※パラリンピック期間公演のみ

日時 オリンピック期間:開場12:00/開演13:00
パラリンピック期間:開場13:00/開演14:00
入場料 (全席指定)
[7/27・28・29・8/2]S席:10,000円/A席:7,000円/B席:4,000円
[8/3]S席:12,000円/A席:8,000円/B席:5,000円
[8/27・9/3]A席:6,000円/B席:4,000円(障害者手帳をお持ちの方は介助者1名無料)
会場・
アクセス
国立能楽堂
(中央・総武線「千駄ケ谷駅」より徒歩5分、大江戸線「国立競技場駅」A4出口より徒歩5分)
お問い合わせ 公益社団法人能楽協会  TEL:03-5925-3871

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

会員特典ページに移動します

イベント・行事の登録ページに移動
シニアを中心に活動している団体やサークルからイベント情報を募集し、無料で掲載します。